介護福祉士の適正

介護福祉士の素質がある人

介護福祉士という仕事は、現場に出て高齢者の方や、障害を持っている方に適切な介護を行い、精神のケアもする重要な仕事です。さらに、普段から介護をしているご家族や、友人の方々に適切な介護の方法を指導し、時には相談も受けることのある人間相手のそれもとても身近に人を感じることの出来る職業になります。介護職には人付き合いのストレスが付き物です。高齢者というのは歩く速度も遅いし、わがままな人が確かに多いです。しかし、それを「人生の先輩」の言葉と受け止めて仕事をしなければ到底こなすことは出来ないでしょう。しっかりとお年寄りの話に耳を傾けてやることが大切です。

また、介護とは医療行為ですので自分の判断がその人の一生も左右しかねないという緊張感と責任感を持って仕事に当たらなくてはなりません。

そして技術と知識だけではなく介護福祉士の一番重要な部分は、相手の気持ちを思いやる心があるということでしょう。介護を受けている人やその家族の方々が一体どのような事を求めているのかを敏感に察知してそれを汲んだ配慮が出来ること、人の気持ちを考えて行動できる人が介護福祉士に向いているといえるでしょう。

介護福祉士の現場は厳しい

また、介護福祉士はとても厳しい判断が必要とされる職業でもあります。相手の気持ちを思いやるといっても、相手の求める事をすべてやっていて挙げては本当の看護とはいえません。相手の要望ではなく、将来的に本当に相手のためになる介護なのか?そのための支援ができるのか?ということを考えた上での正しい判断力が必要になってくることもあります。

また、介護は時には自分より大きな相手の体を持ち上げたり、体を拭いて上げたり、食事の世話をしたりと、とても体力を使う職業です。そのため、介護福祉士を目指す人には体力と精神的なタフさ、忍耐力が必要になってきます。この体力の消耗は並大抵ではないため、介護福祉士になって人でも止めていく人が後を絶たないほどです。辛いことや、苦しいことがあったとき支えてくれるものは本当に人の役に立ちたいという気持ちです。介護する人も、介護される側も人間ですので、うまくいかないこともあるでしょうし、介護される側の人も良い人ばかりとは限りません。時には理不尽なことを言われたり、されたりすることもあるでしょう。そのような時も大きな心で接っすることができる人が介護福祉士には求められているのです。

介護福祉士は特に責任感が必要となってくる職業ですので、責任感がない、または持ちたくないという人には向かない職業といえます。介護福祉士が相手にしているのは人間なのです。介護を求めている人があなたを頼りにして、あなたの介護を受ける事を待っていると考えると、責任感がないひとではとてもつとまらない職業ということがわかります。思いやりをもって人に接し、介護を受ける人、そのご家族と同じ立場に立ってものを考えて心配事を取り去って上げるの役目を担っているのが介護福祉士という仕事です。どんな仕事にもいえますが途中で仕事をほっぽって止めてしまうような人は何も身につけることができませんし、特に人間を相手にしている仕事は真剣に取り組まないとすぐに無理がきてしまうことでしょう。

2017/3/2 更新