介護福祉士とは

介護福祉士とは1987年に新しく できた社会福祉の国家資格です。この介護福祉士は何らかの原因で体に障害を持ってしまい日常生活を行うことが困難な人たちを介護し、入浴や排泄を支援したり、食事の介護をしたりして日常生活を行えるように手助けをする仕事をしています。障害を持つ人たちが自立した人間としての生活を送るための手助けをするというのが目的で、介護が必要な人が社会生活を不自由なく送れるようにするのも重要な仕事です。

さらにこのような介護の仕方を指導するのも介護福祉士の仕事です。介護が必要となってしまった方がいる家庭や、家族の人間に正しい介護方法を教えて、介護者と家族の関係を円滑にするとうのも介護福祉の目的の1つなのです。住宅型有料老人ホームというのは、老人ホームとしては珍しい個室形式の有料老人ホームです。住環境も設備もしっかりしており、お年寄りにとても住みやすい環境となっているので一度見てみるのも良いでしょう。有料老人ホームには住宅型以外にも健康型介護付きなどお年寄りの健康状態や介護の必要度によりサービスを選ぶことができます。

介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれており、介護福祉ではただ1つの国家資格です。これまでは高齢者や身障者の方々を介助するのに自信がない、やり方が分からないという人が多かったのですがこの介護福祉士が誕生して介助専門の職業が生まれたことで気軽に相談できたり、指導を受けられる存在ができました。これは社会福祉から見てとても大きな進展といえます。

これからどんどん高齢化が進んでいく日本社会の中においては、年齢が高くなることによって起こる病気や、寝たきりの増加など問題は山積みです。もしも、自分の家族が介護が必要になってしまったとき、家族にかかる負担は想像を超えるほど大きいのです。そんな時、介護福祉士が頼りになる存在となってくれます。介護に関する幅広い知識と技術を持っており、福祉の心を持って仕事に当たってくれる介護福祉士はこれから増えてくる高齢化社会の現場でさらに必要とされるようになってくるでしょう。

介護福祉士の基礎知識

介護福祉士の基本として、介護の基本的な技術を持っていることと、介護に対する専門知識を習得して自分のものにしているとうのは絶対条件となります。介護には技術と知識のどちらが欠けても駄目なのです。例えば知識として、食事や排泄、障害や痴呆がどのようなものか知っていたとしてもそれらを実践する技術がなければどうにもなりません。

また、食事の介護の場合には相手の立場になって考える事が必要です。食欲がなさそうなら食べやすい食事に変更したり、顎が弱い方なら堅いものを飲み込まない用にする献立にするなどの配慮が必要になりますし、間違えて喉に詰まらせてしまった場合などトラブルの応急処置の知識と技術も必要となってきます。

衛生面では正しい着替えのさせ方や、堅田を拭く蒸しタオルの温度などに気を付ける必要がありますし、常に清潔感を保つ必要があり、感染症の知識をもち家族や周りの人などへの感染予防を考える必要があります。それにたんや唾液の処理も必要になります。また、痴呆の症状がある方への対応の仕方や、体に麻痺している箇所がある方、視力があまりない方への介護や配慮、実際に毎日介護することになる家族の方々への介護指導など、介護福祉士の役割は少し挙げただけでもこの通りとても多く、とても大変な職業ということがわかります。しかし、人に必要とされる職業ですし、辛いこともあるかもしれませんが多くの人に感謝される職業でもあります。このことは社会福祉士に大きな充実感を与えてくれることでしょう。

check

遺品整理のご相談から供養まで、実績豊富な当社へ是非お問い合わせください。

ゴミ屋敷 横浜

スポーツ自転車買取なら、高額買取保証・即日出張・全国宅配

コルナゴ中古買取

癒しと感動のアイランドリゾートホテルが誕生。

沖縄 ホテル

金・ダイヤ・プラチナ売るなら

金・ダイヤ・プラチナ売るなら

手作りで唯一無二のハンコをお手元に。

黒水牛 印鑑

2015/12/7 更新